あるがままでいるという誤解

2014年12月01日 Posted by 廣野慎一 カテゴリー:

450813459

こんにちは。国際レイキ普及協会の廣野です。


「あるがままでいよう!」
という事を良く聞くと思います。

ですが、この言葉の意味を多くの人が誤解していると感じています。

その誤解とは?

「あるがまま」の意味を

「今のままでよい」とか「そのままでよい」
という風にとらえているという事です。


この世のすべてのものは生成、発展するようにできています。
つまり、「成長するようにできている。」のです。

木や草花もほおっておいても勝手に成長していきます。
子供もほおっておいたからと言って、成長が止まるわけではありません。

『あるがまま』とは、


【今の自分をそのまま受け入れ、さらなる成長にむけて発展させていく事。】

ではないかと感じています。


成長しようとするからこそ、壁にぶつかったり、障害が立ちはだかったりするのです。
成長しようとしているんだと、今の自分を認め、
さらなる一歩を踏み出していく事だと考えています。


その成長の障害となるのが、感情です
「自分には無理だ」「できない」「必要とされていない」などなど

そういった自分も受け入れて、成長していく。

レイキはそんな、「あるがまま」のあなたをサポートするメソッドでもあります。


しんちゃんでした。
(廣野 慎一)


◆『レイキって何?』という方のための体験会

各地で体験会を開催しています。

セミナー一覧はコチラ⇒ http://ireikisociety.org/seminars/

The following two tabs change content below.
廣野慎一
国際レイキ普及協会・理事長の廣野 慎一です。 東京・大阪・名古屋・福岡・札幌と全国でレイキを年間1000名以上の方に お伝えしています。 10年以上の気功法の実践する傍ら、全国でレイキをお伝えしています。 目に見えない氣を体感させるワークに定評がある。 共著に、「メンターのチカラ」(サンクチュアリ出版)がある。 メルマガ「運を掴むのに知っておきたい事」動画プレゼント中です。 ⇒ http://bit.ly/1otPLCz 廣野 慎一オフィシャルブログ ⇒ http://www.hironoshinichi.com/
廣野慎一

最新記事 by 廣野慎一 (全て見る)

Mail:
姓:
名:
都道府県:
レイキ読本無料プレゼント

無料メールマガジン 38,000名が実証したレイキと癒しのメッセージ

今なら3つのプレゼント
Mail:
姓:
名:
都道府県:
関連書籍・CD・DVD